オグシオ全日本選手権優勝

村上デンキ (2008年11月16日 21:28) |

<全日バドミントン>オグシオが大会5連覇...有終の美飾る

国立代々木競技場第2体育館(東京都渋谷区)で16日にあ

ったバドミントンの全日本総合選手権女子ダブルス決勝で、

今大会限りでのコンビ解消を表明していた北京五輪代表の

小椋久美子、潮田玲子組(ともに25歳)=三洋電機=が、

大会5連覇を達成。高校1年時のジュニア全日本合宿から

ペアを組んだ「オグシオ」が、有終の美を飾った。

 決勝の相手は北京五輪4位の末綱聡子、前田美順組(N

EC・SKY)。観客席は昨年の大会最終日を800人も上回る

2800人(主催者発表)で埋まり、「オグシオ-スエマエ」対決

を見守った。

 小椋、潮田両選手は個人戦でのペアを解消するが、競技は

それぞれ今後も続ける方針。  <毎日新聞>

 

 

20081116008.jpg

 

 本日、オグシオとしての最後の試合。

試合開始からテレビで応援していましたが、これでコンビ解散

するのが勿体無いほど息のあったプレーを見せていました。

相手のスエマエも北京五輪4位の実力を発揮し、第2セットは

あと一歩のところまで追い詰めましたが、最期に懸けるオグシ

オが立て続けに連続ポイントを取り、5連覇を達成しました。

 三洋電機の特約店である当店としては、2人のコンビ解散は

残念で仕方ないですが、これからも競技を続けるということで

強豪のラグビー部とともに今後も頑張ってほしいと思います。

パナソニックとの経営統合でこれから三洋電機は本当の真価

を問われるところ。

 2人の活躍でメーカー及び当店のような特約店が少しでも元

気になれば幸いです。