これは事件です。

村上デンキ (2008年12月 5日 20:56) |

2008120510540000.jpg

とある独身男性から煙突ストーブの修理依頼がありました。

不完全燃焼で最終的に火がつかなくなったということでしたが、

伺ってみると確かにススが出ていてバーナー内部も真っ黒。

一通りチェックして、煙突を外してみると・・・

ご覧の写真のようなひどい状態になっていました。

これは、事件です。

今まで数多くのストーブ修理をしてきましたが、これほどひどい

状態は久しぶりで私の記憶の中でも滅多にないことです。

相当我慢して使っていたようで、室内にもススが出てきていた

とのこと。

燃焼リングや点火ヒーターなどの部品も不良のようで、年数も

経っている為買い替えをお勧めしましたが、もう一台中古のスト

ーブを持っているのでそれと交換して欲しいとの希望でした。

既設のストーブをきれいにして取り外し、新たに取り付け設置を

して必要な点検箇所を修理し、異常なく燃焼している事を確認し

て帰ってきました。

皆さんも今一度ストーブに不具合がないか確認してみて下さい。

少しでもおかしな所があれば、冬の暮らしの安心の為にもお早め

に修理されることをオススメ致します。

こんな状態になってからでは手遅れですよ。