太陽光発電に追い風

村上デンキ (2009年2月26日 10:24) |

日本でも太陽光発電の高値買

い取り制度,経産省が2010年

度に導入検討

 二階俊博経済産業省相は2009年2月24日の記者会見で,

太陽光発電による電力を電気事業者が1kWh当たり50円弱

という高値で買い取ることを義務付ける仕組みを検討してい

ると発表した。

 同制度の詳細はこれから検討して決めるというが,電力会

社の負担分は一般の電気料金への上乗せでカバーするとい

う点で,欧州を中心に広がっている「Feed-in Tariffs(FIT)」制

度と基本的に同じである。経産省は今国会中に法案を提出し

2010年にも実施する方針で,さらに「(少なくとも)予算がつい

ている2010年度末までは家庭向け太陽光発電システムの設

置補助金制度と併用する」(経産省)としている。

早くシステムを導入するほど大きいメリットを得られる格好だ。

 当初の買い取り額は,現時点の電力料金の2倍程度,すな

わち48円/kWh前後になる見込み。買い取りを義務付ける期

間は約10年である。

                2/26 経済誌より

 

2009022610150000.jpg

2/25 北海道新聞 経済面より

 

まだ、検討の段階のようですが、ドイツではこの制度により、

急速な普及につながったという前例もありますので、これか

らの動向に注目していきたい所です。

この制度が導入されれば、パネル1枚あたりより多くの発電

量を見込める「三洋電機のHIT太陽光パネル」が俄然注目さ

れ、お客様から選ばれると考えられます。

当店としても、6キロ以上のシステムをご提案し、高い売電

単価で売って頂き、10年弱で設備資金償却、その後は貯

金が出来るといった具合になればいいなぁーと考えており

ます。

太陽光発電システムに興味のある方は、是非、地元の業者

である当店にご連絡下さい !

見積り、調査は無料です。