家電エコポイント付与半減

村上デンキ (2010年10月16日 09:54) |

当初は今年12月で打ち切られる予定だったものの、景気の減速を受けて来年3月までの延長が決まった「エコポイント制度」ですが、12月から付与されるポイントが半減される方針であることが明らかになりました。

年末商戦まっただ中を直撃する形となりますが、さらに来年1月からは適用対象が大きく限定されるようになるため、欲しいものがあるなら早めに購入しておいた方が良いということのようです。

詳細は以下から。

 

家電エコポイント付与半減=12月から全商品-政府

政府は家電エコポイント制度について、12月からエアコン、冷蔵庫、地上デジタル放送対応テレビの全商品を対象に付与されるポイントを半減する方針を固めたそうです。

エコポイント関連には6000億円の予算が組まれており、9月上旬時点での残高は約2000億円。追加対策のための補正予算措置により、約1500億円の上積みが見込まれていますが、対象商品の販売が好調であるため、現行制度では来年3月末よりも早くに予算を使い切ってしまうおそれが指摘されていたとのこと。

また、来年1月からはエコポイント付与の対象商品が「統一省エネラベル」で最高の「五つ星」のものに限られるだけでなく、家電リサイクル制度を利用した場合のみとなるため、エコポイント制度は今までのように気軽に利用できるものとはならないようです。

予算が底を突いたため、予定よりも前倒しされる形で終了したエコカー減税のような展開を避ける意図があるとも考えられますが、年末商戦期にエコポイントが半減されてしまうというのは、円高の波が直撃している家電メーカー各社に対して、少なからず影響を与えそうです。

                                   

ということで、遅くても11月末までにエコポイントを申請しないと

満額のエコポイントが付与されないという状況のようですので、

当店でも11月中に年末大売出し等の企画を実施したいと考え

ております。

 

いずれにしましても、エコカー減税のような事態を避ける為にも

出来る限りお早目のご購入をお願いしていこうと思います。

 

また詳しい状況が判り次第ご連絡していきますので、宜しくお

願いします。

 

                                       【テレビ】

テレビ (2010年12月以降)
46型以上 17,000点 36,000点
42型、40型 11,000点 23,000点
37型 8,000点 17,000点
32型、26型 6,000点 12,000点
26型未満 4,000点 7,000点