クリーンで安全なエネルギー

村上デンキ (2013年3月12日 17:39) |

太陽光発電の買い取り価格38円に引き下げ 

~経産省案

経済産業省は11日、2012年度に1キロワット時42円としている

太陽光発電の買い取り価格を13年度は家庭用の10キロワット

未満を対象に、消費税込みで1キロワット時38円に引き下げる

方針を固めた。事業者用の10キロワット以上は37.8円と家庭用

よりも低くするする方向だ。風力や地熱発電は導入データが少

ないため据え置く。11日午後の委員会で案を提示する。

 有識者からなる調達価格等算定委員会(委員長は植田和弘

京都大学教授)の案をもとにパブリックコメントを踏まえて、3月

中に茂木敏充経産相が価格を正式に決定する。

 固定価格買い取り制度は太陽光や風力など5種類のエネル

ギーで発電した電気を、一定期間国が決めた固定価格で電力

会社が買う。買い取り価格は施設の設置費用や、発電業者の

利益をもとに決める。買い取りの原資は電気料金と合わせて家

庭や企業が負担する。電力会社は買い取りにかかった費用を

電気料金に上乗せし、一般の電気利用者から回収できる。

 

                        3.12 日本経済新聞

 

 

以前にも報告させて頂いていたとおり、経産省は来年度からの

買取り価格を家庭用・事業用ともに38円に引き下げることでほ

ぼ合意し、決定したようです。

 

今年度内に申請して設置・施工された方は従来の買取り料金

42円で、家庭用は10年、事業用は20年と継続されますので

ご安心下さい。

 

 

それにしても、4円の差はもの凄く大きいですね。

それに、コロコロ変わる買取価格もとてもわかりづらい。。

 

 

太陽光を含めた自然エネルギーの普及によって、急速に増え

る電力を調整する為の料金引き下げだと考えられますが、こう

したクリーンで安全なエネルギーをもっと国をあげて増やしてい

かなければならないのに、ここにきてまた価格の引き下げとは

政府・関係省庁は一体何を考えてるのか、と思ってしまいます。

 

原発は今すぐ廃炉に! というのが2年前の3.11以降において国

民の大多数の意見なのに、安全が確かめられるなら動かしても

いいなどという見解自体がおかしいのではないのかと思います。

 

「安定的な電力の供給が出来ない。」

という言い分をよく見聞きするのですが、電力の使用量がピーク

を迎えたこの冬だって、節電や省エネの意識を国民が実行する

ことによってクリア出来るということが分かったはずです。

 

確かにコスト面でいうと割高になり、経営面で逼迫するなど電力

会社は見直しを迫られると思いますが、火力発電の強化と自然

エネルギーの普及増進、そして将来的に革命的なエネルギー

となる天然ガス(シェールガスやメタンハイドレート)の調査・採掘

を国策で推進していけば良いと思います。

 

原発は決して再稼動してはなりません。

 

原子力発電という危険極まりない負の産物を推し進め、利権と

巨額の富を肥やし続けてきた国や電力会社は、今一度自分た

ちのしてきたことを猛省し、国民の為、福島の人々の為にその

役割をしっかりと果たして頂きたい、と強く望む所であります。

 

 

私たちが出来る

クリーンで安全なエネルギーは太陽光発電です!

 

 

 

 

ひと・こころ・感謝

あなたの街のでんきやさん

パナソニックのお店

(有)村上デンキ